【治療報告】

当院の治療で良くなった方々に
ご了承頂き掲載しております

  1. HOME
  2. ブログ
  3. クラシックバレエ・舞踊・ダンス・フィギュアスケート
  4. 【右肩上がってる、レッスン後のジャンプで左膝痛、歩きで右踵痛を治したい】クラシックバレエ 福島県 いわき市在住 10代 男子 佐藤 可惟 君|駒込 田端 文京区 北区 豊島区 台東区 荒川区|

【右肩上がってる、レッスン後のジャンプで左膝痛、歩きで右踵痛を治したい】クラシックバレエ 福島県 いわき市在住 10代 男子 佐藤 可惟 君|駒込 田端 文京区 北区 豊島区 台東区 荒川区|

≪治療報告≫

こんにちはサムアップ!治療院の渡辺です

【右肩上がってる、レッスン後のジャンプで左膝痛、歩きで右踵痛を治したい】

クラシックバレエ

福島県 いわき市

10代 男子

佐藤 可惟 様

<60分治療>

ユースアメリカグランプリ(YAGP)2019ニューヨークファイナルで世界第2位に輝いた可惟君。すばらしい活躍ですね。おめでとうございます^^

お母さんも「何より周りの人たちがすごく喜んでくれたことがうれしいです」と話されていました。ひとりの子の活躍で踊りをその場で見ていない人たちにも感動を与えられる。私も踊りのすばらしさを改めて知りました。

帰国後もレッスンは続くので疲労は溜まります。その中の痛みや体の不調で今日は来てくれました。症状を聞くと色々出ているがほとんどレッスン後に出るので今日は痛くないとのこと。それならば痛みが出るときの動作を聞き経験値的に治療します。ただ右肩の高さのズレは今日もあるので撮っておきます。

<治療前>右肩が若干上がっている。これをバレエの先生に指摘され「治してきて」と言われたので当院に来てくれました。頼りにされるのは治療家にとって何よりうれしいことですね^^

ということで、先にこの高さを戻す治療をしますか。たぶん関係しているのはあの筋肉だと思うのだけど、そこは鍼治療が一番有効なんだよね~、受けてくれますか?

「・・・・・はい」

分かりやすいぐらいの苦笑い。確実に嫌がってますね^^;

「どうする?止めとく?」

可惟君「治るから受けます」「肩に刺すのですか?」

「いえいえ、違いますよ。首肩周りの筋肉をほぐしても変わりません。どこに刺すかはヒ・ミ・ツ^^」

可惟君「えー、イヤだな~」

皆さんこんなやり取りをしながらもがんばって受けてくれことが多い。きっとバレエに対する意気込みが強いからですね。ありがとうございます。だからこそ、私も「治さなければいけない」という責任が大きくなる。

そしたら片側2本頑張ってね。「・・・はい」みんなが嫌いなひびき(私自身もひびきが好きではないです)を耐えてもらい確認すると

<治療前>右首から肩にかけて左よりて若干上がっている

<治療後>左と同じように下がりました

可惟君は定期的にメンテナンスを受けているので、筋肉ひとつほぐせばすぐ良くなります。時間も鍼治療を左右受けて計10分弱なのであっという間(本人はもっと長く感じたようです^^;)

あとは左膝と右踵の治療をして終了。これは使ってみないと分からないので、毎レッスン後に確認して下さい。

「分かりました。ありがとうございました。」

その後ご来院頂いた時に伺うと「あれから膝と踵も痛くないです」ということで一安心でした^^

この度は当院の≪治療報告≫にご登場下さり、ありがとうございました。

関連記事

カテゴリー