【治療報告】

良くなった方の中から
初診の効果を中心に
随時掲載しております

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 股関節の症状・可動域
  4. 【20代の頃から左背中が痛くて寝れない時がある。10年前から右肩が下がっている】テニス 少林寺拳法 東京都 江東区 会社員 40代 男性 D.Tさん|駒込 田端 文京区 北区 豊島区 台東区 荒川区|

【20代の頃から左背中が痛くて寝れない時がある。10年前から右肩が下がっている】テニス 少林寺拳法 東京都 江東区 会社員 40代 男性 D.Tさん|駒込 田端 文京区 北区 豊島区 台東区 荒川区|

≪治療報告≫

こんにちはサムアップ!治療院の渡辺です。

【20代の頃から左背中が痛くて寝れない時がある。10年前から右肩が下がっている】

テニス 少林寺拳法

東京都 江東区

会社員

40代 男性 D.Tさん

<60分治療>

近所にお住まいで当院のお客様でもある、D.Tさんの奥様の妹さんのご紹介でお越し頂きました。

ご紹介ありがとうございます!

まずは症状を伺うと、20代の頃から左腰の上辺りに痛みがあり、酷い時は寝れないこともあるとのこと。心配になり、内科でエコー検査をするも異常なしとのこと。30代になって右肩が左より下がっていることに気付いて、気になっていたとのこと。痛みの出る動作や状態を確認

<治療前>・さらに倒すことは出来るが、左に倒すと、この位置で右腰上辺りが痛い

<治療前>・右肩の下がり具合を確認

右肩に関しては、下がっているとも言えるし、左肩が上がっているとも言えると思います。恐らく、首肩こりを取るという意味で治療するならば、左肩を下げる治療にした方が良くなることをご説明して、ご理解頂く。

ということで、肩の治療から始める。関係する筋肉をほぐして確認すると

<治療前>

<治療後>

私「時間の都合上、多少で申し訳ないですが、左肩を下げる治療をしてみました。首、肩の可動域やスッキリ感などはありますか?」

Dさん「ありますね。首周りがスッキリしました。」

私「良かったです^^それでしたら、この方向での治療で良いと思います」

Dさん「そうですね」

続いて、左背中の治療。恐らく、左肩が上がっている理由とも連動しているのと、股関節の硬さも関係していると思われる。左肩の治療そのためで、あとは股関節に関係する筋肉をほぐして確認すると

Dさん「おー、楽です^^」

私「時間内に解決して良かったです^^これで、大丈夫だと思います。」

(可動域は問題ないので、ビフォーアフターの写真は割愛)

この度は当院の≪治療報告≫にご登場下さり、ありがとうございました!

関連記事

カテゴリー