【治療報告】

主に良くなった方の
初診の効果を中心に
掲載しております

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 関節唇損傷・腱板損傷
  4. 【関節唇損傷|ワクチン接種後から左肩が再び痛くなった】剣道 野球 東京都 葛飾区 会社員 40代 男性 K.Kさん

【関節唇損傷|ワクチン接種後から左肩が再び痛くなった】剣道 野球 東京都 葛飾区 会社員 40代 男性 K.Kさん

≪治療報告≫

こんにちはサムアップ!治療院の渡辺です。

【関節唇損傷|ワクチン接種後から左肩が再び痛くなった】

剣道 野球

東京都 葛飾区

会社員

40代 男性 K.Kさん

<90分治療>

すでに当院の≪治療報告≫にご登場頂いているKさん。ワクチン接種後から再び左肩が痛くなったので、レントゲンを撮ってもらったところ、ワクチン接種とは関係なく関節唇損傷と診断される。と言っても、その医療機関で行う処置では治らないので、当院にお越し頂きました。痛みの出る動作を確認すると

<治療前>左手で右肩を触ろうとすると、この位置で左肩の後ろが痛い

下半身より緻密な動きをする上半身は筋肉が多く、細かいので関係する可能性もたくさんある。優先順位を付けて、ひとつひとつほぐして確認していく。色々な動きを確認しながら進めていき、最後の確認では

<治療前>

<治療後>

Kさん「おー!左手で背中を搔いても痛くないですよ^^b」

私「やりました。新しくほぐした所が効きましたね^^」

日々の治療の中で、今までほぐしたことが無い筋肉や箇所が原因だという事に気付くことがある。それは、治りが悪い時に、どう治っていないかを細かく教えて頂ける、皆さんのおかげです。全ての治療に決まった答えはありません。

皆さんの痛みはそれぞれの生活が出てきた痛みです。つまり、原因はその方が持っているのですが、それが何なのかを気付いている方はいません。それを思い出して頂けるのは、私の質問の仕方にかかっておりますが、それを的確に答えて頂けると、簡単に解決出来ることが多いので、助かっております。

これからも、治せない痛みは治せるように、治せる痛みはより早く治せるようにスローガンに治療をしていきます!

この度は当院の≪治療報告≫にご登場下さり、ありがとうございました!

関連記事

カテゴリー