【治療報告】

当院の治療で良くなった方々に
ご了承頂き掲載しております

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 膝の症状・可動域
  4. 【膝の捻挫|練習量が多いと右膝がだるくなるので治したい】ラクロス 東京都 西東京市 大学1年 男性 M.Yさん|駒込 田端 文京区 北区 豊島区 台東区 荒川区|

【膝の捻挫|練習量が多いと右膝がだるくなるので治したい】ラクロス 東京都 西東京市 大学1年 男性 M.Yさん|駒込 田端 文京区 北区 豊島区 台東区 荒川区|

≪治療報告≫

こんにちはサムアップ!治療院の渡辺です。

【膝の捻挫|練習量が多いと右膝がだるくなるので治したい】

ラクロス

東京都 西東京市

大学1年

男性 M.Yさん

<初診60分治療>

お母さんがインターネットで当院を知って息子さんのご予約を頂きました。ありがとうございます。

早速症状を伺うと、練習を重ねると右膝にだるさがでるとのこと。つまり筋肉硬くて寝るぐらいでは疲労が取れなくなっているのでしょう。さらに痛みや不調の出る動作を伺うと

・思い切り走るのが怖い

・割り座が硬くてしにくい

<治療前>・右膝が入りにくい(上手く撮れていませんが、若干膝が伸びていません)

痛みの出る動きが分かったので、治療に入る。まずは横向きからほぐし、うつ伏せからほぐして柔らかくなってきたら、ストレッチでさらに伸ばしてご確認頂く

「お!膝は入り易い^^」

ありがとうございます!これはクラシックバレエの膝を入りやすくする治療と同じ要領ですね。こうやって繋がらないような競技が治療では繋がることが多いです。ですから、当院は総じて「筋肉専門」とは言っても、競技ごとの専門性は謳いません。専門性をもたせたら、自らの治療家のスキル幅を縮めるようなものだからです。お客様には伝わり易いかもしれないけど、自分にとってはとっても勿体ないことだと思うからです。体は繋がっているので、治療も繋がっていきます。

この度は当院の≪治療報告≫にご登場下さり、ありがとうございました。

 

 

関連記事

カテゴリー