【治療報告】

当院の治療で良くなった方々に
ご了承頂き掲載しております

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 腰の症状
  4. 【腰部脊柱管狭窄症|2年前から常に腰が痛い】テニス ゴルフ ラグビー 東京都 北区 仲卸業 60代 男性 M.Hさん |駒込 田端 文京区 北区 豊島区 台東区 荒川区|

【腰部脊柱管狭窄症|2年前から常に腰が痛い】テニス ゴルフ ラグビー 東京都 北区 仲卸業 60代 男性 M.Hさん |駒込 田端 文京区 北区 豊島区 台東区 荒川区|

≪治療報告≫

こんにちはサムアップ!治療院の渡辺です。

【腰部脊柱管狭窄症|2年前から常に腰が痛い】

テニス ゴルフ ラグビー

東京都 北区

仲卸業

60代 男性 M.Hさん

<初診60分治療>

すでに当院の≪治療報告≫にもご登場頂いている奥様Yさんからのご紹介でお越し頂きました。

ご紹介ありがとうございます!

症状を伺うと、2年前から腰の痛みがひどくなったので、病院で診てもらうと腰部脊柱管狭窄症と診断されたという。手術はしたくないので、今でも痛みが出るとブロック注射をしてごまかしているとのこと。当然オススメ出来る処置ではないですね。

<腰部脊柱管狭窄症の状態>・病院では加齢や使い過ぎなどで椎間板の劣化や膨張を引き起こしたり、椎骨のズレなどで脊柱管を圧迫して神経に危害を与えることで種々の症状を起こしているとのこと。

画像を診て言っているのだから、脊柱の状態はそうなのかもしれません。だからと言って、当院で治せないわけではございません。当院のHPでも脊柱管狭窄症の治療に対して申し上げているのでここでは要約しますが、骨にまで負担をかけたのは筋肉の硬さです。その原因となる筋肉をほぐせば、脊柱管狭窄症の状態のままでも痛みやしびれなく動けます。逆にほぐされていない状態で手術や注射をしても、一時はいいですが、体は固まり、動き辛いままなので、また痛みが出てくるか腰が曲がったまま年を重ねることになります。

当院にいらした方はそのような年の取り方をして欲しくありませんから、動き易き戻るようにほぐして、痛みとしびれも取ります。ということで痛みの出る動作を確認。腰を

<治療前>・左に倒すと左右の腰からお尻

<治療前>・右に倒すと左右の腰からお尻

<治療前>・後ろに倒すと腰中央

ずいぶん硬そうですね^^;このような硬さが痛みの原因です。これから、この動きがしやすくなるようにほぐします。動き易くなると痛みも取れてくるという治療です。

「そうなのね。よろしく頼みます」

ということで、まずは横向きから関係する筋肉をほぐして確認。その後もうつ伏せや仰向けからほぐしたら確認を繰り返して最後の確認では

<治療前>

<治療後>

「お、なんか倒し易いね」

<治療前>

<治療後>

「これも、初めの時の痛み無いよ」

<治療前>

<治療後>

「おー、反れる反れる!最初の時の痛みないよ」

効果を感じて頂けたようで良かったです^^

痛みを注射や薬でごまかすのは一時的には良いですが、その内に痛みも出なくなります。一般的にはそれでいいかもしれませんが、痛みが出なくなる代わりに腰をまっすぐにして立てなくなったり、可動域が小さくなり、より動き難くなったりします。それは健康的な治り方でしょうか?

体が発している痛みをごまかしてはいけません。痛みは「治せ!」のサインです。しっかりほぐして、動き易くすることで痛みが出なくなる。これがいつまでも健康的に体を動かせる治し方です。そのような治り方をご希望されている方は当院にお任せください^^

この度は当院の≪治療報告≫にご登場下さり、ありがとうございました!

 

関連記事

カテゴリー