【治療報告】

良くなった方の中から
初診の効果を中心に
随時掲載しております

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 肩関節の症状・可動域
  4. 【肩の高さが左右で違うのです】野球 東京都 小平市 会社員 30代 男性 A.Yさん|駒込 田端 文京区 北区 豊島区 台東区 荒川区|

【肩の高さが左右で違うのです】野球 東京都 小平市 会社員 30代 男性 A.Yさん|駒込 田端 文京区 北区 豊島区 台東区 荒川区|

≪治療報告≫

こんにちはサムアップ!治療院の渡辺です。

【肩の高さが左右で違うのです】

野球

東京都 小平市

会社員

30代 男性 A.Yさん

<60分治療>

すでに当院の≪治療報告≫にご登場頂いているAさん。体に疲れが溜まると、メンテナンスにご来院頂いておりますが、ある日Aさんが「私、昔から肩の硬さが左右で違うのですよ」と仰るので、見てみることに。

<治療前>・左右で肩の高さが違う

私「結構違いますね」

Aさん「やっぱり、問題ありますかね?」

私「Aさん自身が不具合を感じてなければ、問題無いですよ。ただ、気になるなら揃えるように治療してみましょうか?」

Aさん「あ、お願いします。」

とうことで、あるところに鍼治療とマッサージ治療をしてみると

<治療前>

<治療後>

Aさん「おー、だいぶ揃いましたね」

私「まだやりようがありますが、これによって何か体が楽になった感じが無ければ、これ以上揃えようと思わなくていいと思いますよ」

Aさん「そうなのですね。では、様子を見てみます」

この数か月後にメンテナンスでお越し頂いた時に、前回の治療効果を伺うと、いつものように体は楽になったが、それが揃ったことで体が楽になったかどうかは分からないとのこと。

世の中には「左右の歪みを整えます」「脚の長さが違いますね」などのふれ込みをしているエセ医療機関がありますが、左右が歪むと何が悪いのでしょうか?左右均等に使う仕事やスポーツってありますか?

左右を整えても、均等に使わなければすぐ戻ります。そんなものは治療ではありません。歪むことで生じる問題があるならば治療が必要ですが、無いのであればより使う側をしっかりほぐせば良くないでしょうか?

このような言い回しの施術を受けても良くならない方は、お待ちしております^^「治療」というものを実感して頂けると思います。

関連記事

カテゴリー