【治療報告】

良くなった方の中から
初診の効果を中心に
随時掲載しております

  1. HOME
  2. ブログ
  3. マラソン・ランニング・ジョギング・ウォーキング
  4. 【ランニングすると左坐骨と右踵が痛い】ランニング 東京都 板橋区 50代 男性 T.Mさん|駒込 田端 文京区 北区 豊島区 台東区 荒川区|

【ランニングすると左坐骨と右踵が痛い】ランニング 東京都 板橋区 50代 男性 T.Mさん|駒込 田端 文京区 北区 豊島区 台東区 荒川区|

≪治療報告≫

こんにちはサムアップ!治療院の渡辺です。

【ランニングすると左坐骨と右踵が痛い】

ランニング

東京都 板橋区

50代 男性 T.Mさん

<90分治療>

ランニングクラブの講師をしているT.Yさんから、生徒のT.Mさんをご紹介くださいました。

ご紹介ありがとうございます!

まずは症状を伺うと、着座時の左坐骨辺りのしびれと起床時の右踵の痛み。ランニング時は左坐骨と右踵、どちらも痛むとのこと。会社近くの医療機関に行っているが良くならないので、お越し頂きました。

痛みが出る動きを確認

左坐骨は

・早い時は1時間くらい座っているとしびれてくる

<治療前>・ハムストリングスのストレッチをすると、この位置で張る

右踵は

・ケンケンで突っ張る

<治療前>・正座でも突っ張る

<治療前>・左脚前のランジ姿勢から起き上がる時に痛む

・圧痛有り

今回は、以上の動作で出る痛みを治していきます。まずは左坐骨の痛みの治療から、ハムストリングは坐骨にくっ付くので、ハムストリングス全体をほぐす必要があるが、それだけでは痛みが完全には取れない。痛みの出ている動作に関係する筋肉は他にもあるので、それらもほぐすと

Tさん「今のところ症状は改善無くなりました!」

私「良かったです^^あとは、長時間の座りやランニング時に痛みが出ないかを、治療後に確認してください。」

Tさん「わかりました」

続いて、踵の治療も動きに関係する筋肉をほぐしていき、最後に確認して頂く

Tさん「これも、今のところ症状が出ないですね。」

私「やはりこれも、日常で確認してください。痛みが戻るようでしたら、また診させて下さい。」

Tさん「分かりました。動かして、様子を見てみます。」

<2診目(8日後)60分治療>

私「治療後から今日までの経過を教えて下さい」

Tさん「右踵は良くなってます。左坐骨の痛みが、まだ残っているので来ました」

では、今回も痛みの出る動作を確認

<治療前>・ジャックナイフストレッチをすると、この位置で左ハムストリングスの上部辺りに痛みが出るとのこと

Tさん「ランニングクラブでオススメされたジャックナイフストレッチをしてみたら、左坐骨に痛みが出ることに気付づきました。その他は、今のところ調子良いです」

私「分かりました。今回はその痛みを取りたいと思います。」

いつものように関係する筋肉をほぐして、確認して頂くと

<治療前>

<治療後>

Tさん「おー、伸びますよ」

私「やりましたね^^b」

このあと、約1か月後に左坐骨と右踵の痛みが少し戻ってきたので、ご来院頂きました。今までよりさらに、しっかりほぐして、やっと痛みが戻らないくらいにほぐれたようです。

この度は当院の≪治療報告≫にご登場下さり、ありがとうございました!

関連記事

カテゴリー