【治療報告】

良くなった方の中から
初診の効果を中心に
随時掲載しております

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ハムストリングス・太ももの症状
  4. 【1週間前から首から背中が凝っていて吐き気がする】マラソン 東京都 豊島区 主婦 40代 女性 A.Fさん|駒込 田端 文京区 北区 豊島区 台東区 荒川区|

【1週間前から首から背中が凝っていて吐き気がする】マラソン 東京都 豊島区 主婦 40代 女性 A.Fさん|駒込 田端 文京区 北区 豊島区 台東区 荒川区|

≪治療報告≫

こんにちはサムアップ!治療院の渡辺です。

【1週間前から首から背中が凝っていて吐き気がする】

マラソン

東京都 豊島区

主婦

40代 女性 A.Fさん

<60分治療>

当院のお客様であるYさんから妻のFさんをご紹介頂きました。

ご紹介ありがとうございます!

症状を伺うと、首から背中が凝っていて吐き気がするとのこと。背中や胸周りが硬くなると吐き気や深呼吸しにくさ、食欲不振などの症状に繋がりますので、相当硬くなっていると思われます。他に右太もも前に重さを感じるとのこと。まずは症状の重い、首に痛みが出る動作を確認

<治療前>・右に振り向くと、この位置で首から左右の肩甲骨にかけて痛む

首の可動域はどれもそれほど悪くなく、強いて上げるなら右に振り向く動作で痛みが出たので、これを原因となる筋肉を見つける参考にする。

いつものように痛みに関係する筋肉をほぐしてみるが、可動域からは想像出来ないくらい硬い。しかし、ご本人はそこまで自覚がない様子。硬さの積み重ねや敏感に症状が出ない方も多い、そういった方は気付けない分溜めてしまうので、症状が重いことも多い。さらに痛みに弱い中、意を決してお越し頂いたという事で、かなり弱めに治療。

<治療前>

<治療後>

Fさん「さっきより楽に向けます」

私「良かったです^^この後数日の間返しが出ると思いますが、取れるとより楽になると思います。」

Fさん「わかりました。様子を見てみます」

まだ少し時間があるので、右太もも前の治療に入る

<治療前>・正座をするとこの位置で張り感

・ランニング中の着地

・階段の昇降

太ももの方が可動域が悪いですね。いつものように関係する筋肉をほぐして確認

<治療前>

<治療後>

私「これは変化が微妙ですね。どうですか?」

Fさん「これはまだ、よく分からないです。」

私「そうですね。すみません。張りが続くようでしたら、もう少ししっかりほぐす必要があると思います」

Fさん「分かりました」

この数週間後にご主人のYさんが治療にいらしたので、その後の経過を伺ったところ、「治療後に段々良くなって、今は平気みたいですよ。」とのことで、ホッとしました。

この度は当院の≪治療報告≫にご登場下さり、ありがとうございました!

 

関連記事

カテゴリー