【治療報告】

主に良くなった方の症例を
治療報告として
掲載させて頂いております

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 靭帯・腱・軟骨組織損傷・断裂
  4. 【足首捻挫|1週間前に短距離の練習中に左足首を捻挫した】陸上競技(短距離走) 埼玉県 さいたま市 会社員 40代 男性 E.Aさん|駒込 田端 文京区 北区 豊島区 台東区 荒川区|

【足首捻挫|1週間前に短距離の練習中に左足首を捻挫した】陸上競技(短距離走) 埼玉県 さいたま市 会社員 40代 男性 E.Aさん|駒込 田端 文京区 北区 豊島区 台東区 荒川区|

≪治療報告≫

こんにちはサムアップ!治療院の渡辺です。

【足首捻挫|1週間前に短距離の練習中に左足首を捻挫した】

陸上競技(短距離走)

埼玉県 さいたま市

会社員

40代 男性 E.Aさん

<60分治療>

すでに当院の≪治療報告≫にご登場頂いたことのあるEさん。今回は、1週間前に陸上の練習中に受傷した左足首の内反捻挫。痛みの動作や状態を確認。

<治療前>外果側の腫れや内出血の状態

<治療前>内果側の腫れや内出血の状態

<治療前>痛みと腫れによる可動域制限で、これ以上はしゃがめない

<治療前>つま先立ちも、痛みでこれ以上出来ない

以上の動作に関係する筋肉をほぐして確認

<治療前>

<治療後>

<治療前>

<治療後>

Eさん「うん、まだ痛みや動き難さはあるけど、最初より動けるし力が入りますね」

私「今回の重症度の割には、動けているように見えます。あとはアイシングを繰り返して腫れを引かせて頂き、その時点で痛みが残るようなら、また診させて下さい」

Eさん「わかりました。アイシング頑張ります」

当院の得意な治療を申し上げる中で「捻挫って治せるの?」ってよく聞かれますが、然るべき治療をすれば捻挫は早く治ります。ちゃんと治し方があるのです。とはいえ治せる治療院は極僅かでしょうから、疑われる気持ちもよく分かります^^

筋肉は体を守るためにもあります。捻挫の際、靭帯や骨への負担を最小限にするために、受傷した瞬間に筋肉を固めて可動域制限をかけます。その固まった筋肉をほぐしてあげれば、腫れがあっても動けるようになっていくのです。むしろ、痛みが引くまで安静、固定だけしか対処していないと、筋肉は固まったままなので動きが悪く、また捻挫を繰り返します。早く治すためだけでなく、捻挫を繰り返さないためにも、ぜひ診させて下さい^^b

この度は当院の≪治療報告≫にご登場下さり、ありがとうございました!

関連記事

カテゴリー