【治療報告】

良くなった方の中から
初診の効果を中心に
随時掲載しております

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 足首の症状・可動域
  4. 【ハンドクラップをしたら両膝を痛めた】サッカー 空手 埼玉県 所沢市 会社員 40代 男性 T.Mさん|駒込 田端 文京区 北区 豊島区 台東区 荒川区|

【ハンドクラップをしたら両膝を痛めた】サッカー 空手 埼玉県 所沢市 会社員 40代 男性 T.Mさん|駒込 田端 文京区 北区 豊島区 台東区 荒川区|

≪治療報告≫

こんにちはサムアップ!治療院の渡辺です。

【ハンドクラップをしたら両膝を痛めた】

サッカー 空手

埼玉県 所沢市

会社員

40代 男性 T.Mさん

<60分治療>

高校でサッカーを頑張っているH君のお父さんにお越し頂きました。症状を伺うと、自粛中に運動不足になったのでハンドクラップという手足を使った、激しめのエクササイズを踊ったら両膝の内側を痛めたとのこと。

痛みの出る動作を確認すると

・正座は痛い

・立て膝も痛い

<治療前>・しゃがみは痛いので、ここまでしかしゃがめない

・歩行も少し痛い

・圧痛もある

・膝を伸ばすとツマリと痛みを感じる

・階段の昇<降は痛みで力が入らない

・あぐら姿勢で痛みは出ない

以上のお体の状態を参考に、痛みに関係する筋肉をほぐして確認すると

<治療前>

<治療後①>

Tさん「おー、しゃがめますよ!痛みもほとんどないです」

私「良かったです^^bまだ、足首が硬そうですね。足首の可動域が悪いのも膝痛に関係するので、残りの時間を足首の可動域を変える治療にしたいと思います。」

Tさん「そうですか、分かりました。」

ということで、足首の可動域を変える治療をして確認して頂くと

<治療後①>

<治療後②>

Tさん「変わるものですね!膝が軽いです^^」

私「痛みがあるうちに早めにお越し頂いたので、治りが早いのですよ^^」

Tさん「たいていの医療機関では、「痛いうちは動かずに安静にして、痛みが引いてからお越しください」と言われるので、自分も治療を受けてみて驚きました。」

私「ありがとうございます^^痛みが引いてから診るのは、「治療の仕方を知りません」と言っているようなものです。治せない医療機関の常套句ですね。」

当院には、痛みがある時にお越しください。痛みがあるという事は硬いところがほぐれていないという事です。つまり、原因のコリが見つけやすい状態なので、治療の精度が上がります。「待っているうちに」「とりあえず痛み止めを飲もう」「いつかは痛みが引くと思う」などで、治療を先延ばしされている方。痛みがあるうちにお待ちしております^^

この度は当院の≪治療報告≫にご登場下さり、ありがとうございました!

関連記事

カテゴリー