【治療報告】

主に良くなった方の
初診の効果を中心に
掲載しております

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ストレートネック
  4. 【ストレートネック|5~6年前から首が痛くてうがいが出来なくなることがある】東京都 文京区 会社員(研究職) 50代 女性 S.Mさん|駒込 田端 文京区 北区 豊島区 台東区 荒川区|

【ストレートネック|5~6年前から首が痛くてうがいが出来なくなることがある】東京都 文京区 会社員(研究職) 50代 女性 S.Mさん|駒込 田端 文京区 北区 豊島区 台東区 荒川区|

≪治療報告≫

こんにちは、サムアップ!治療院の渡辺です。

【ストレートネック|5~6年前から首が痛くてうがいが出来なくなることがある】

東京都 文京区

会社員(研究職)

50代 女性 S.Mさん

<90分治療>

ご主人のご紹介でお越し頂きました。

ご紹介ありがとうございます!

まずは症状を伺うと、5~6年前から首が痛くて、うがいが出来なくなることが2~3カ月に1度くらいあるので、病院でレントゲンと撮ってもらうと、ストレートネックと診断される。

ストレートネックとは

簡潔に申し上げると、上図のように画面をのぞき込むことが多くなることで、頸椎の前弯が無くなり、真っ直ぐになることらしいです。

では、肝心な治療を伺うと、多くの医療機関で行われているのは、牽引、電気治療、撫でる様なマッサージ。

治療と言うのは、原因がハッキリしているものです。何となく全体を、何となく治療するでは治りません。まずはこの症状は、同じ姿勢を長時間取り、筋肉が固まっていくことで辛くなります。そして、考えなければいけないのは、PC作業の姿勢時にはどの筋肉が伸ばされて、どの筋肉が縮んでいるかです。どちらの筋肉もしっかりほぐさなければ治せません。

その他に、頭痛と左肩痛、噛みしめグセがあり奥歯を折ったことがあるので、マウスピースを付けているとのこと。まずは首の動きを確認。

<治療前>前に倒すと、この位置で右首が痛い

<治療前>後ろに倒すと、この位置で右首が痛い

<治療前>右に振り向くと、この位置で右首が痛い

<治療前>左に倒すと、この位置で右首が痛い

うがいが出来なくなることがあると仰るだけあって、後ろに反る動作はほとんど出来ていないですね。まずは、この首の痛みを取るために、以上の動きに関係する筋肉をほぐして確認。

<治療前>

<治療後>

<治療前>

<治療後>

Sさん「あ、天井が見れる!」

<治療前>

<治療後>

<治療前>

<治療後>

Sさん「全体的に動き易くなったけど、後ろに曲げるのが楽で感動^^」

私「良かったです^^日々筋肉は使っております。とくに仕事は同じ動きを繰り返すことが多いので、一番の固まる原因です。その固まった筋肉をほぐせば動き易くなり、痛みは消えます。3日間の返しが取れてから痛みが取れれば終了です。」

Sさん「そうですか。様子を見てみます」

大げさなことを言うわりには、治療はマニュアル通りのマッサージや電気治療、牽引という単純作業をする医療機関が多いです。本気で辛い方は、そのような医療機関に騙され続けないで、当院でサッサと治しませんか?

この度は当院の≪治療報告≫にご登場下さり、ありがとうございました!

関連記事

カテゴリー