【徒然話】

「ThumbUp!治療院」の何気ない日常のブログです

  1. HOME
  2. 徒然話
  3. 【(腰部)椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎分離症、すべり症の治療】ThumbUp!治療院編

【(腰部)椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎分離症、すべり症の治療】ThumbUp!治療院編

<腰椎椎間板ヘルニア>

<原因と病態>

椎間板は線維輪と髄核でできていて、背骨をつなぎ、クッションの役目をしています。その一部が出てきて神経を圧迫して症状が出ます。椎間板が加齢などにより変性し断裂して起こります。

<症状>

腰や臀部が痛み、下肢にしびれや痛みが放散したり、足に力が入りにくくなります。背骨が横に曲がり(疼痛性側弯)、動きにくくなり、重いものをもったりすると痛みがつよくなることがあります。(以下含め日本整形外科学会HPより引用)

ここに補足するとしたら「ヘルニア(髄核が出ている状態)でも痛みやしびれが出ない人もいる」とDr.から聞いたことがあります。「それなら痛みやしびれの原因はヘルニアの影響とは違うのではないですか?」と伺うと、「症状が出ない原因は分からないが、痛みやしびれの症状が出たのはヘルニアの影響です」という回答でした。う~ん、本当にそうでしょうか?そもそもなぜヘルニアになったのでしょうか?長い年月悪い姿勢での作業をしても喫煙をしていてもヘルニアにならない人も当然多いです。病院ではレントゲンやMRIでの画像所見の説明は明確でも原因の説明はあいまいで治しようもないことを伝えてきます。私は原因を究明しなければ根本的な治療にはならないと思っています

<腰部脊柱管狭窄症>

<原因と病態>

加齢、労働、あるいは背骨の病気による影響で変形した椎間板と、背骨や椎間関節から突出した骨などにより、神経が圧迫されます。脊柱管は背骨、椎間板、関節、黄色靱帯などで囲まれた脊髄の神経が通るトンネルです。年をとると背骨が変形したり、椎間板が膨らんだり、黄色靱帯が厚くなって神経の通る脊柱管を狭くなって(狭窄)、それによって神経が圧迫を受け、神経の血流が低下して脊柱管狭窄症が発症します。椎間板ヘルニアに比べ中高年に発症することが多いようです。また背骨を後ろに反らすと脊柱管が狭くなり、前に曲げると広がるので、間歇性跛行が起こるのです。

<症状>

この病気では長い距離を続けて歩くことができません。もっとも特徴的な症状は、歩行と休息を繰り返す間歇性跛行(かんけつせいはこう)です。腰部脊柱管狭窄症では腰痛はあまり強くなく、安静にしている時にはほとんど症状はありませんが、背筋を伸ばして立っていたり歩いたりすると、ふとももや膝から下にしびれや痛みが出て歩きづらくなります。しかし、すこし前かがみになったり、腰かけたりするとしびれや痛みは軽減されます。進行すると、下肢の力が落ちたり、肛門周囲のほてりや尿の出がわるくなったり、逆に尿が漏れる事もあります。

<腰椎分離症・すべり症>

<原因と病態>

多くは体が柔らかい中学生頃に、ジャンプや腰の回旋を行うことで腰椎の後方部分に亀裂が入って起こります。「ケガ」のように1回で起こるわけではなく、スポーツの練習などで繰り返して腰椎をそらしたり回したりすることで起こります。一般の人では5%程度に分離症の人がいますが、スポーツ選手では30~40%の人が分離症になっています。
分離症は10歳代で起こりますが、それが原因となってその後徐々に「分離すべり症」に進行していく場合があります。

<症状>

腰痛(腰のベルトのあたりの痛み)の場合と、お尻や太腿の痛みを出す場合があります。痛みは腰椎を後ろにそらせた時に強くなります。腰痛は10~15歳ころから生じますが、青少年から高齢者まで広い範囲にわたって腰痛や下肢痛・しびれが出ます。

サムアップ!治療院では

重度の腰痛と診断された方はあらゆる筋肉が硬くなり過ぎて衝撃の吸収力が落ちた影響で骨にまで負担がかかり、ヘルニアや狭窄症、分離・すべり症などの症状を起こしていると考えます。つまり痛みが出ているのはヘルニアになってしまうほどの硬い筋肉が原因ということです。ということは原因となる硬い筋肉を緩めればヘルニアと言う状態が治ってなくても痛みは取れるのです。だからヘルニアであっても痛みの出る動きをしなければ痛みやしびれが出ないことがあるのです。このように考えるとあるゆる症状につじつまが合うと思います。

なぜ筋肉は硬くなるの?

交通事故などの大きな衝撃を受けなければいきなり筋肉は硬くなりません。日々同じ姿勢でいたり個々のクセ、がっつり運動していると使う筋肉は偏り、疲労が溜まり段々凝ってくるのです。ある程度の硬さまでは寝たり、ストレッチ、軽い運動をすれば体の治癒力でほぐれてきますが度を越えると勝手にほぐれなくなります。ただ、本人は凝っている自覚がないことが多いです。そんな状態でいつもしない動きを急にするとギックリ腰などの急性の痛みになることがあります

こんな方に多いです

長時間の座りや力仕事の方:建設業、配送業、調理師、職人などの集中する時間が長い方

スポーツ:サッカー、バスケットボール、アメリカンフットボール、ラグビーなどの走りが多いコンタクトスポーツ

当院での治療

どのような動きで痛みが出るかを確認してその動きがし易くなるように筋肉を緩めると痛みも取れていきます。例えば・・・

ヘルニア:力が入らない→筋肉の硬さで脱力感が出るのでそこをほぐします

脊柱管狭窄症:背筋を伸ばすと痛み前屈みで軽減する→関係する筋肉を緩めて背筋を伸ばしやすくすると痛みも取れていきます

       間欠性跛行→歩く時に使う筋肉が緩めれば長時間の歩行も出来るようになっていきます

分離症・すべり症:後ろに倒すと痛みが協調される→後ろに倒したときに妨げている硬い筋肉を緩めれば倒し易くなり痛みも取れていきます

というように治療を進めていきます。先にもお伝えしましたが骨にまで影響するほどの硬さなのでほぐしてみないとどのくらいの期間で治るかははっきり申し上げられませんが、およそ3~4回の治療で納得して頂けるような結果は出せると思います。その上で出来るだけ早く完治して頂けるように尽力致します

関連徒然話