【徒然話】

「ThumbUp!治療院」の何気ない日常のブログです

  1. HOME
  2. 徒然話
  3. 【成長痛(オスグッドなど)・骨端症の治療】

【成長痛(オスグッドなど)・骨端症の治療】

成長期は骨が伸びる時期です。それに合わせて筋肉も伸びていくのですが、子供でも夢中で運動をしていると筋肉は硬くなり、骨の成長に合わせて伸びることが出来ず引っ張られる状態になります。その引っ張られた硬い筋肉が痛みを発生させているのです。例えばオスグッドは膝頭の下に痛みが出るわけですが、そこは大腿四頭筋が付いている箇所です。つまり筋肉は骨にくっ付くのです。だから、筋肉の硬さが原因でも痛みが骨から発生しているように感じるのです。しっかりほぐして筋肉を柔らかくすれば、成長する骨に合わせて柔軟に伸びるようになり、痛みも無く運動が出来るようになります。骨端症も同じことが言えます。付き合いながら痛みが治まるのを待つ症状でも無いですし、安静にしても一時的に痛みが消えただけで運動をすればまた痛みが出てくるので治ってはいません。それを我慢しながらスポーツをしても良い結果は出ず、あっという間に引退です。時間を無駄にしないためにも早い判断で治療に来て頂けることを願っております

こんな方に多いです

サッカー、バレーボール、バスケットボール、陸上競技(特に短距離走者)

当院での治療

↑ 大腿四頭筋のストレッチやほぐしだけでは甘いです。当然このような→治療&予防でも甘いです。痛みの出る動作を確認し、それらをしても痛みが出なくなるようにほぐしていくと痛みなくスポーツが出来るようになります。

関連徒然話