【徒然話】

「ThumbUp!治療院」の何気ない日常のブログです

  1. HOME
  2. 徒然話
  3. 【グロインペイン症候群(鼠径部痛症候群)を治す】ThumbUp!治療院編|駒込 田端 文京区 北区 豊島区 台東区 荒川区|

【グロインペイン症候群(鼠径部痛症候群)を治す】ThumbUp!治療院編|駒込 田端 文京区 北区 豊島区 台東区 荒川区|

<グロインペイン症候群(鼠径部痛症候群)>

<画像:日本整形外科学会より>

ランジ姿勢やシュート、ロングキック、ダッシュなどをすると鼠径部や下腹部辺りに痛みが出ることが多い傷病です。私が診てきた方に伺うと、この症状を聞いてほとんどの医療機関が痛みの出ている鼠径部や下腹部にマッサージ、電気治療、鍼治療をしているようです。残念ながらそれでは治りません!それは痛いところが原因ではないからです。痛いところに何かしらの処置をして治るうちは、わざわざ当院にお越し頂く必要はないです。多くの原因は下半身の筋肉の硬さで起きることが多いですが、これらを効果的にほぐせる治療家はほぼいないでしょう。なぜならこの症状が出た方の筋肉の硬さは尋常ではありません。これを効果的にほぐすには高い技術がいりますので、ストレッチと運動療法、ウエイトトレーニングでの指導などで経過を診ていくぐらいしか対処出来ていないと聞きます。恐らくそれ以上の治療法はないと思われているのだと思います。ちなみに日本整形外科学会では前述の指導をしているようですが、それだけでは早く治りません。期日が迫っている大事な試合に間に合わせたいのであれば、関係する筋肉をしっかり緩めることが最速です。

こんな方に多いです

サッカー選手、陸上選手(特に短距離走者)、バレリーナの方々

当院での治療

最初に申し上げたいのは、痛い鼠径部辺りに何かしらの治療をしてもほとんどの方が治りません。もしくは治るうちは軽度です。原因は違うところにありますので、当然当院では初めから痛い箇所に治療をすることはありません。まずはどのような動作で痛みますか?もも上げ?ランジ姿勢?であれば、左右のランジ姿勢で痛みが出ますか?また、痛みが出るのは前足ですか?後ろ足ですか?両脚上げ腹筋はどうですか?ダッシュは?ロングキックは?その他にも痛みの出る動作はありますか?以上のように痛みの出る動作によって関係する筋肉は違いますので、一つ一つの筋肉をほぐしたら効果を確認するを繰り返し治療を進めます。サッカー選手はとにかく硬い方が多いためほぐすのに時間が掛かります。出来れば時間のゆとりを持ってのご来院だと助かります。行きつけの治療院で「治りが悪くなってきた」と感じられたら、お待ちしております。

<ランジ姿勢>

<両脚上げ腹筋>

<ダッシュ>

あなたはどのような動きで痛みが出ますか?それによって治療箇所は異なります。どこの医療機関でも治っていない方の多くは深部までほぐされていないかほぐす箇所が違うかだけです。

 

関連徒然話